2017年11月19日日曜日

アルハンブラの踊り子 その2

A図
B図
上の図(A図)が完成図、下の図(B図)が途中のプロセスです。違いを説明しましょう。
 透明水彩の基本テクニックはいきなり濃い色を塗らないこと。明暗のバランスを一度間違えると修正がきかないからです。B図は薄い色を一通り塗り、画面の明暗を確認し終わった段階です。特に今回は室内と窓の外の風景を合成しているので、統一感を損ねないように慎重に色を重ねる必要があります。
 B図に手を加えた項目は、まず衣装の赤色。フラメンコの華麗な踊りを連想してもらうためにもなるべく派手な赤を塗ります。具体的にはパーマネントアリザリンクリムソンに少しバーミリオンを混ぜてあります。
 次に肌の色。B図のままでは白っぽすぎるので、全般的に肌色を重ねると同時に、踊り子の表情に合わせやや赤みを強くしました。
 背景は室内の壁を砂色に近いベージュに、窓の外の風景は距離感を出すために遠くは薄く、手前を濃くします。室内が赤やベージュ系の色ばかりなので、樹木の緑色は特に重要です。少し鮮やかに、影も濃い目に処理しましょう。
 そして最後に悩むのが胸に下がったショールのレース。油絵であれば最後に面相筆で純白のラインを引いておしまいなのですが、水彩画はいったん真っ赤に塗ったドレスの上に白を塗っても白くはなりません。そこで今回は鉛筆を削るカッターナイフを使用します。刃を立ててゆっくり、慎重に画用紙を削ってゆくのです。美しく切らないほうがレースの編んだ感じが出ます。どうぞ胸の部分を拡大してみてください。僕の苦労のほどが理解していただけると思います。
 自分でもこの絵は気に入っています。次回の個展(開催日まだ未定ですが・・・)に出品する予定ですので、皆さん是非この作品の原画を見にお越しください。

2017年11月12日日曜日

アルハンブラの踊り子 その1

アーチ型の窓の向こうに見えるのはあのアルハンブラ宮殿。フラメンコの衣装を着た踊り子が静かに佇んでいます。完成後のタイトルは「アルハンブラの踊り子」。今回はその創作プロセスをお見せします。
 このモデルさんはフラメンコが踊れるそうで、ポーズも表情も、とても自然です。いつにもまして創作意欲を刺激され、まず鉛筆で一気にここまで描きあげました。
 いつもは悩む、人物の背景も今回はスペインの風景で決まり。それも有名なアルハンブラ宮殿にしたいと思うのは当然でしょう。 
 ただ、「静かに佇む」このポーズはどう見ても室内のシーン。いきなり宮殿の庭に座っているのもちょっと変です。
 絵として自然に見せるにはちょっと工夫が要ります。描きたかったアルハンブラの風景をアーチ型の窓で切り取るのです。これで室内のポーズと屋外のイメージが重なる不自然さが解消されます。あとはインテリアもアルハンブラ調に統一して・・・下書きは完成です。
 背景は方針さえ決まればすぐに出来るかのように書きましたが、実は自分のイメージに合う写真や資料はインターネットやフリー素材の写真集からはなかなか見つかりません。
 今回は昨年スペインに旅行した時の僕の個人写真やスケッチを利用しています。もちろんこの絵に利用するのことを予測していたわけではありませんが、それとなく写真の角度やディテールをそれなりに選択していたことを感じました。
 皆さんも旅行に行ったとき、「はいチーズ」の記念写真に加え、「背景素材」を意識した写真をためておくよう心がけることをお勧めします。

2017年10月25日水曜日

夏を描く その4


「夏を描く」最後のモデルさんです。衣装はご覧のように、野球帽、半袖のブラウス、ショートパンツという活動的な出で立ち。まずは鉛筆でデッサン。今回はどう見ても背景は屋外の明るいシーンがふさわしい・・・なのでバックはあまり線を重ねず白いまま残しておきます。
このポーズにふさわしい背景は「夏の海」、それも「南国」でしょう。幸い、数年前にハワイに旅したときに撮影した写真があったので、水平線の高さをあわせて合成、人物と背景の色調を整えながら色を塗ります。青い空と白い雲。椰子の木と砂浜に打ち寄せる白波。夏にふさわしいパーツが揃いました。これで完成!と言いたいところですが、何か足りません。何となく存在感が希薄ですね。
その理由はたぶん明度差と彩度不足にあります。つまりアトリエで描く人物に色調を合わせてしまったので真夏らしいの強烈な色彩や光と影が感じられないのです。
そこで空の色、森の色、海の色をもっと鮮やかに、明るいところはそのまま残し、影の部分をもっと濃くなるように筆を重ねます。
さて、どうですか?・・・「夏の女性」完成です。







2017年10月19日木曜日

夏を描く その3

今回のモデルさんはノースリーブに麦藁帽子。衣装もポーズも夏らしくて申し分ありません。
例によってまずは鉛筆でデッサンします。肩や腕の曲線と色白の肌が印象的だったのでなるべく柔らかい線で、肌の部分には濃い線を重ねすぎないようにします。ここまでで約2時間。

続いて着彩です。肌色はいつもよりも薄めに、画用紙の白さを生かすように仕上げます。バックは白っぽい肌の曲線を強調するために、シンプルにグレーでまとめてみました。
実は今回はこの段階で友人に貴重なアドバイスをもらいました。
一つは腕や肩のラインを強調し過ぎたせいか、左腕が女性らしくないというもの。なるほど肩から腕にかけての筋肉が不自然…。
もう一つはバックが暗すぎると言う意見。なるほど、僕が目指す「優しい絵」に相応しくない…。持つべきものは友達です。
さてそこでまたまたバックを修正することに。ただしシンプルな表現とすること、人物を引き立てる配色とするという方針は守ることにします。前回は「避暑地の高原」というテーマでバックをまとめましたが、今回はもっと抽象的に、でも明るい夏のイメージだけは出したいと考えました。そこで画面の左上部分の鉛筆を練りゴムでごしごしと落とします。明るくなりました。そこに水をたっぷり含ませたブルーをぼかして塗ります。そのほかの部分はレモンイエローとビリジアンを濃い目に鉛筆の明暗と調和させながら置いていくようにします。細かな背景は描きません。見る人に夏の空と緑を連想してもらうことにしましょう。そうそう、指摘された腕も女性らしく見えるように修正して。
夏の女性・・・完成です。